妙高高原について。

妙高高原・妙高市(妙高市)へようこそ。妙高市は長野県と新潟県の県境に位置し、東京からのアクセスも良好です。妙高高原の名の由来となった妙高山に支配され、野尻湖や越後平野の歴史的な玄関口に近い美しい山並みが広がっています。妙高山(妙高山)は、山頂の標高が2,454mで、日本百名山の一つに数えられています。 1916年、日本で最も人気のある避暑地を決める投票で1位になったことで全国的に有名になりました。また、日本の皇室のための伝統的な冬の休暇の目的地でもあることから、1930年代には、日本初の国際的な避暑地となりました。冬には毎年平均14メートルの雪が積もります。

新潟の「雪国」は全国的にも有名で、数え切れないほどの作家や詩人、芸術家に影響を与えてきました。2005年、妙高高原町は新井市、妙高村と合併して「妙高市」となりました。妙高高原は、日本の多くの近代的なスキータウンとは異なり、山のためというよりも、山を中心に成長してきました。 妙高高原はスイスのツェルマットと姉妹高原に指定されています。杉野沢、赤倉、関川、燕温泉、その他いくつかの地元の山村の中心に位置していて、それらの場所や地元の山村へのアクセスも便利です。妙高周辺は観光スポットとして最適な場所です。さらに、妙高高原エリアには、3,000人を収容できる日本最大のキャンプ場があります。200以上の施設があり、町内と山の上の両方で、様々なニーズや予算に合った宿泊施設が豊富にあります

妙高高原の魅力と楽しみ方

妙高高原の大部分は国立公園領に指定されており、町域の約8割が森林に覆われています。妙高山は妙高火山群の最高峰で、火口の外縁を中心に赤倉山、前山、神奈山に囲まれています。妙高温泉、赤倉温泉、杉ノ沢温泉、池ノ平温泉、燕温泉、関温泉などの温泉もあります。妙高山と前山の間にある地獄谷は、地元の温泉の豊富な源泉です。地獄谷渓谷から取水し、妙高温泉の赤倉、新赤倉、池ノ平、杉ノ沢、妙高、関、燕、松ヶ峰の8つの温泉地に提供されています。

妙高には自然があふれていて、季節を問わず、いつでもたくさんのことができます。人気のアトラクションやアクティビティに関しては専用のページをご覧ください。雪解けの時期には、ゴルフ場や避暑地がたくさんあります。また、歴史的建造物や発掘記念館、浮世絵博物館などを訪れることもできます。また、美味しい食を求めて妙高に来られる方もいらっしゃいます。和食・洋食のお店が40軒以上も点在しています。笹ずし、たけのこ汁、地場産のそばや山菜、新潟名物の日本酒やコシヒカリは必見です。これらもお買い物のページでご紹介しています。